人事給与システムのデータ変換処理の仕方

人事給与システムとは、企業が従業員を雇用する時の採用から退職までに関わる個人情報や、各人の給与の情報などを一括で管理するためのシステムのことで、近年では多くの企業で導入されています。人材や雇用形態も多様化していてその管理も複雑化をしている中で、企業の人事管理での効率化も早急に求められるようになっています。人手によって処理をしていた膨大な量の人事制度や給与制度のデータを、人事給与システムが支援することにより企業側のメリットも大きく、従業員の人的資源を他にも有効活用できたりもするので、企業戦略の有効手段のひとつになっています。しかしこのように企業の要である従業員のあらゆる情報が詰まったシステムだからこそ、中のデータ情報を絶対に守る必要性があり、そのためにはシステムのデータ変換処理の必要性が近年では言われています。

人事給与システムはデータ変換処理を施して守る必要性があります

人事給与システムには給与の様々なデータが入っていますので、当然のことながらそこには従業員個人の源泉徴収の情報も含まれることになります。近年、国をあげて導入化が進んだことで話題になったマイナンバーが、この源泉徴収に関わる個人情報として紐づけられていることをご存知の方も多いでしょう。このことからも、人事給与システムからのデータの情報流出や第三者からのサイバー攻撃を防御することは、個人や企業にとっても必至であることは容易に想像ができると思います。マイナンバーは個人資産の状況を管理していて租税にも深く関わり、保険や年金などの国家を通したサービスにも今後は関連していく大切な個人番号です。ですからデータ変換処理を通して、人事給与システムを守った管理をしていくことは、国民全体の情報を守ることと等しい行為となるのです。

人事給与システムをデータ変換処理で暗号化すると有効です

マイナンバーの情報漏洩に対しては罰則規定も厳しく設定をされていますので、企業側も人事給与システムを扱う時には神経質にならざるを得ません。情報漏洩が起こる時に一番懸念されることは、人間の手でそのシステムの運用を取り扱う時に起こることが多いという事です。いくらシステムが完璧に防御されていても、それを扱って運用する人間側に不手際があればそれこそが問題だという事です。特に外部からマイナンバーデータを受け取る時や、外部のシステムにまたそのデータを送る時等に起こり得る流出には注意をしなければなりません。そのために近年では、人事給与システムが外部システムと連携をする際には、データ変換処理という技術を使って暗号化を施す事で、外部からはデータの判別ができずに読めないようにする方法が取られていて、情報内容が外からは解らないようにする事で漏洩に対する防御をしているのです。